ここから本文です

【阪神ジャンプS】アップトゥデイト、1年9か月ぶりの重賞4勝目で、佐々木調教師にJRA通算500勝プレゼント

9/17(日) 6:05配信

スポーツ報知

◆阪神ジャンプS・JG3(16日・障直芝3140メートル、阪神競馬場)

 阪神8Rの阪神ジャンプS(J・G3)は7頭によって争われ、一昨年の最優秀障害馬で1番人気のアップトゥデイトが逃げ切り、15年中山大障害以来1年9か月ぶりとなる重賞4勝目を挙げた。

 スタート直後は2番手を追走したが、逃げ馬不在とみると、林はハナを奪った。勝負どころの3コーナーでミヤジタイガに並びかけられたが、直線で突き放し6馬身差の圧勝劇を演じた。「後ろに来られて余裕はなかったが、何とか頑張ってくれた」と、自身の障害重賞13勝目を挙げた50歳のベテランは安どの表情を見せた。

 これがJRA通算500勝のメモリアルVとなった佐々木調教師は「お世話になっている前田(幸治)オーナーの馬で達成できてうれしい。そういえば通算400勝もアップトゥデイトだった。息子(貴啓助手)の担当馬ということもあり、運命を感じる」と喜びをかみ締めた。今後は中山大障害(12月23日)に直行する予定で、2年ぶりのJ・G1勝利を目指す。

 ◆アップトゥデイト 父クロフネ、母リニアミューズ(父トニービン)。栗東・佐々木晶三厩舎所属の牡7歳。北海道新冠町・株式会社ノースヒルズの生産。通算31戦8勝(うち障害16戦6勝)。総収得賞金は3億5318万8000円(うち障害3億2214万円)。重賞4勝目。主な勝ち鞍は15年中山グランドJ、中山大障害(ともにJ・G1)。馬主は前田幸治氏。

最終更新:9/17(日) 10:42
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ