ここから本文です

【MLB】インディアンス、連勝ストップもファン総立ち 「支えてくれた」と指揮官

9/16(土) 15:18配信

ISM

 クリーブランド・インディアンスは現地15日、地元でカンザスシティ・ロイヤルズと対戦。3対4で競り負け、ア・リーグ新記録を更新した連勝が22でついにストップした。

 インディアンスは同点の3回にホセ・ラミレス二塁手の27号2ランで3対1と勝ち越したが、この日は先発トレバー・バウアー投手がピリッとせず。4回と5回に1点ずつ失って追いつかれると、6回にもロレンゾ・ケーン外野手にタイムリーを浴びて3対4と逆転を許してしまう。1点を追うインディアンスは9回に先頭打者が出塁するも後続が3者連続三振で万事休す。実に8月23日以来となる敗戦で大型連勝に終止符が打たれた。

 インディアンスのテリー・フランコーナ監督は「いつかは負けるもの。連勝はとても楽しかったよ」と事も無げ。その思いは球場のファンも同じだったようで、連勝に大きく貢献してきたフランシスコ・リンドア遊撃手が三振に倒れ試合終了となると、チケット完売のスタジアムからはスタンディングオベーションが起こり、選手たちもベンチからグラウンドに出てそれに応えていた。

 フランコーナ監督は「ファンがよく支えてくれた。ここの雰囲気は信じられないものだよ。選手たちも自分たちの感謝の気持ちを届けたかったんだ」とコメント。連勝を止めたロイヤルズのネド・ヨースト監督も「インディアンスの成し遂げたことは想像を絶する。3週間以上も負けなかったなんてとてつもないことだよ」と語っていた。(STATS-AP)

最終更新:9/16(土) 15:18
ISM