ここから本文です

【BCリーグ】富山、元巨人・長江弾も初戦を落とす

9/17(日) 8:03配信

スポーツ報知

◆BCリーグ ▽西地区チャンピオンシップ第1戦 信濃5―1富山(16日・高岡市営城光寺)

 2勝先勝方式で行われ、前期優勝の富山サンダーバーズは後期王者・信濃に1―5で敗れ、2008年以来2度目の地区制覇に黄信号がともった。打線が散発5安打と奮わず。4回、元巨人・長江翔太一塁手(25)の本塁打で1点を返すにとどまった。第2戦は17日、長野(19時、オリスタ)で行われる。

 完璧に捉えた。3点を追う4回2死走者なし。長江の打球はライトの頭上を高々と越えた。「内角の真っすぐ。いつも通り振れた」とソロアーチを振り返った。

 13年育成2位で巨人入りした長江。「後藤(孝志=、現巨人3軍外野守備打撃コーチ)さんに『いつも一緒』でいろと教わった。心に残っている」と、巨人で培った平常心が良いプレーにつながっていると明かした。

 チームは敗れ、後がない状況となった。長江は「負けは悔しいが(次も)いつもどおり戦うだけ」と、静かに闘志を燃やした。(尾田 敏成)

最終更新:9/17(日) 8:03
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 15:20