ここから本文です

朝乃山が白星先行の4勝目「最後に投げをかけたら白星が取れました」

9/17(日) 7:04配信

スポーツ報知

◆大相撲秋場所7日目 ○朝乃山(すくい投げ)大奄美●(16日・両国国技館)

 富山市出身で富山商OBの東幕内16枚目・朝乃山(23)=高砂=が、東十両3枚目・大奄美(24)=追手風=をすくい投げで破り4勝3敗。白星を先行させた。

 「相撲内容は全然、ダメですね。自分は休まないで相撲を取ってきた。相手は体も大きいし、体重もある。止まってはダメです。上手も取られ、万事休すと思いました。それでも最後に投げをかけたら白星が取れました」とホッとした表情。

 大奄美は先場所、十両の優勝決定戦の巴戦で下手投げで敗れている因縁の相手。「もう終わったこと。先場所は先場所、今場所は今場所です」と話したが、静かな闘志を燃やしていたのは事実。これで初日に白星が付いて勝ち負けが交互になった。「オセロですね。でも、東(の支度部屋)に入った時に勝っているんですよ」と笑った。最後は「勝ち越しまであと4番、緊張感の中で自分の相撲が取れればいいですね」と気合を入れていた。(今関 達巳)

最終更新:9/17(日) 7:04
スポーツ報知