ここから本文です

【GOLF】宮里藍、上原彩子が3アンダー8位と好発進! 野村敏京も16位

9/16(土) 8:45配信

ISM

 米女子ツアーの今季メジャー最終戦 エビアン選手権が現地時間15日、フランスのエビアン・リゾートGCを舞台に第1ラウンドの競技を終了。宮里藍、上原彩子が3アンダー8位タイ、野村敏京が2アンダー16位タイとなった。

エビアン選手権 第1R順位

 10番スタートの宮里は、出だしでチップインバーディを奪うと、続く11番では約7メートルのパットを沈めて連続バーディ発進。15番パー5でも3打目を約2メートルにつけバーディとする。18番から2連続でボギーを叩くも、3番、7番とスコアを伸ばし5バーディ、2ボギーの3アンダー68でホールアウト。首位と5打差の8位タイで初日を終えている。

 上原も7バーディ、4ボギーの内容で宮里と並んで8位タイ、野村は6バーディ、4ボギーの2アンダー16位タイと日本勢は好スタートを切った。

 8アンダー単独首位は今年7月の全米女子オープンを制したパク・スンヒョン(韓)、6アンダー単独2位にモリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、5アンダー3位タイにアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)、キャサリン・カーク(豪)、4アンダー5位タイにジェシカ・コルダ(米)、マリナ・アレックス(米)、キム・インキョン(韓)が続いている。

 その他、リディア・コ(ニュージーランド)が3アンダー8位タイ、ジュリー・インクスター(米)、クリスティー・カー(米)、フォン・シャンシャン(中)が2アンダー16位タイ。チョン・インジ(韓)、レクシー・トンプソン(米)が1アンダー30位タイ、世界ランク1位のユ・ソヨン(韓)は4オーバー86位タイと出遅れた。

 今大会は14日に開幕を迎えたが暴風雨のため競技中止となり、3日間トーナメントへ短縮となっている。

最終更新:9/16(土) 8:45
ISM