ここから本文です

台風18号 九州が強風域に 接近前から大雨に警戒(9月16日12時現在)

9/16(土) 12:10配信

ウェザーニュース

 大型で非常に強い勢力の台風18号は、東シナ海をゆっくり北東に進んでいます。

 今後は東寄りに進み、明日17日(日)午前中には九州に上陸の予想。この3連休は日本列島を縦断する恐れがあります。各地で暴風・大雨・高波・高潮等に警戒が必要です。

▼16日11時45分発表の情報(11時実況)
 大きさ    大型
 強さ     強い
 方向・速さ  北東 ゆっくり
 中心気圧   955hPa
 最大風速   40m/s
 最大瞬間風速 60m/s


【宮崎県で1時間に70mm超えの激しい雨を観測】
 台風の接近前に活発な秋雨前線が通過するため、多いところで1時間に60~70mmレベルの強雨に注意が必要です。宮崎県ではすでに激しい雨が降っており、降り始めからの雨量が380mmを超えているところがあります。河川の増水や低地の浸水、土砂災害には厳重に警戒して下さい。

▼1時間雨量(16日11時20分まで)
宮崎県赤江 77.5 mm
宮崎県田野 70.0 mm
宮崎県深瀬 45.0 mm

▼24時間雨量(16日11時20分まで)
宮崎県田野 385.5 mm
宮崎県赤江 368.5 mm
宮崎県宮崎 275.0 mm


【台風接近前から強雨・大雨に警戒】
 宮崎県や高知県、紀伊半島の南部では海から発達した雨雲が流れ込み続けて台風が接近する前から大雨になる恐れがあります。明日17日は台風が接近、通過して更に雨量がかさむ恐れがあるので、大雨に厳重な警戒が必要です。荒天の間は急ぎでない外出を極力控えてください。自治体からの避難情報にも要注意。避難する場合は明るいうちに複数人数で行動するようにしてください。

 17日12時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、近畿地方・東海地方で350mm、九州南部・四国地方で300mm、九州北部地方・関東甲信地方で200mm、奄美地方で150mm、中国地方・北陸地方で100mmとなっています。


【全国各地で荒天警戒】
 3連休は日本列島を縦断する恐れがあり、各地で暴風・大雨・高波・高潮等に要警戒。局地的には1時間に100mmに達するような雨や、瞬間的に50m/sを超えるような暴風となる危険性もあります。

 最新の情報をこまめに確認するようにして下さい。

ウェザーニュース