ここから本文です

【17日の天気】台風が列島直撃 関東含め広範囲で荒天警戒

9/16(土) 20:18配信

ウェザーニュース

 17日(日)は台風18号が九州に上陸する恐れ。西日本を中心に広いエリアで荒天に警戒が必要です。

【西日本:暴風雨に厳重警戒】
 台風18号は17日(日)朝、強い勢力を保ったまま九州に上陸する見込みです。九州は朝から雨風が強い状態が続きます。3連休の中日となりますが、不要不急の外出は控えてください。

 その他のエリアでは、台風接近に伴い雨風が強まります。朝は雨が降っていなくても、午後は各地で暴風雨の恐れがあり、交通機関にも影響が出るため、油断は禁物です。

 気温は上がらず、ヒンヤリとした体感に。服装で体感温度の調節をしてください。


【東海・関東甲信・東北太平洋側:雨風の強まりに注意】
 前線や湿った空気の影響を受けて雲が広がり、雨具必須の空。台風の中心から離れていても、強雨や落雷の可能性があります。低地の道路冠水や河川増水の恐れも。沿岸部を中心に段々と風も強まるため、交通機関への影響にも注意が必要です。

 また、昼間は北寄りの冷たい風が吹き、ヒンヤリとした体感に。夕方以降は南寄りの風に変わり、気温が上がっていく見込みです。


【北陸:夜は沿岸部を中心に暴風雨警戒】
 雲優勢の空で、外出には雨具が必須。昼間は雨が止んでいる時間もありますが、夜は台風接近に伴い、雨風が強まる恐れがあります。
 ピークは17日深夜から18日午前中。昼間のうちに飛ばされそうな物や側溝の掃除など対策を行ってください。


【東北北部や南部日本海側・北海道:荒天への備えを】
 17日は日差しが届いても、段々と雲が広がります。18日は台風接近に伴い荒天となる恐れがあるため、強風で物が飛ばないような対策や側溝の掃除など、荒天への備えを行ってください。


【沖縄:高波が続く】
 沖縄本島や先島諸島では、晴れて日差しが届きます。紫外線や熱中症対策を忘れずに。また、晴れていても波が高い状態は続くため、マリンレジャーは控えてください。

ウェザーニュース