ここから本文です

東本願寺の茶室見学 くわな市民大学 受講生ら京都旅行

9/16(土) 11:00配信

伊勢新聞社

 【桑名】三重県のくわな市民大学市民企画講座「市民生活向上のための学習講座」の野外学習会が14日にあり、受講生と関係者64人が秋の京都で日帰り旅行に参加した。

 桑名駅をバス2台で出発し、東本願寺(京都市下京区)の飛び地境内「渉成園(しょうせいえん)」を訪ねた。慶応三(1867)年の大政奉還から150年の節目を記念して、2階建ての茶室「蘆菴(ろあん)」が特別公開されており、茶室2階の窓からの眺望を楽しんだ。東山周辺の自由散策もあった。

 講座は6月―来年3月まで全10回。くわなメディアライヴ(桑名市中央町)で講義を行う以外、年1回野外学習会を催す。主催する市民団体、エチュード会の池永稔代表は「ふるって参加して」と呼び掛けていた。

伊勢新聞社

最終更新:9/16(土) 11:00
伊勢新聞社