ここから本文です

ゴロフキン決戦へ「ベガスでカネロ相手、興奮する」

9/16(土) 12:11配信

日刊スポーツ

 世界3団体統一ミドル級王者(WBAスーパー、WBC、IBF)のゲンナジー・ゴロフキン(35=カザフスタン)-元世界2階級制覇王者サウル・アルバレス(27=メキシコ)戦は9月16日(日本時間17日)、米ネバダ州ラスベガスのT-モバイルアリーナで開催される。世界ミドル級最強決戦と言われる注目カードの前日計量は15日(同16日)に試合会場で開かれ、両選手が出席した。1万人以上も集結したファンの熱視線を浴びながら、2選手ともにリミット160ポンド(約72・5キロ)でパスした。

【写真】無敗王者ゴロフキン、アルバレスは「ビッグな相手」

 ゴロフキンは「ラスベガスでの試合に興奮している。対戦相手がカネロ(アルバレス)だから、さらに興奮する。誇れる試合になるだろう」と自信に満ちあふれた表情を浮かべた。一方のアルバレスは「本物のメキシカンファイトとはどういうものか見せる準備ができている」と堂々と言い切っていた。

最終更新:9/16(土) 12:33
日刊スポーツ