ここから本文です

WEC2018/19年“スーパーシーズン“にシルバーストン戦追加。富士戦は10月21日に日程変更

9/16(土) 4:52配信

motorsport.com 日本版

 2週間前のメキシコWECで発表された新しいWECは、2018年に“スーパーシーズン”として行われるが、その時発表された暫定カレンダーで2019年2月にリストアップされていた「未定」のレースが、日程を変更して2018年8月19日にシルバーストンで行われることになった。このイベントはヨーロピアン・ル・マンシリーズと抱き合わせで行われる。

 また、富士6時間レースが1週間遅くなったが、これはIMSAのプティ・ル・マンと日程が重なるためで、それを避けるために富士の主催者が1週間遅れのスケジュールを受け入れてくれた。新しい日程は10月21日。加えて、富士のレースが1週間遅れたために、参加車などの機材運搬時間の関係で、上海6時間レースも1週間遅れて開催されることが決まった。

 2019年3月に行われるセブリングのレースは、IMSAのセブリング12時間レースと抱き合わせになり、3月16日の午前10時から午後19時までIMSAのレースが行われ、その後2時間をおいて深夜0時にWECの12時間レースがスタートを切る。ゴールは17日正午。

 4月6~7日にポールリカールで行われるプロローグは、36時間耐久テストの場を各チームに提供する。

2018年
・4月6~7日/プロローグ(ポールリカール・フランス)公開テスト
・5月4~5日/スパ・フランコルシャン6時間(ベルギー)
・6月16~17日/ル・マン24時間(フランス)
・8月19日/シルバーストン6時間(イギリス)
・10月21日/富士6時間(日本)
・11月18日/上海6時間(中国)

2019年
・3月15~16日/セブリング12時間(アメリカ)
・5月3~4日/スパ・フランコルシャン6時間(ベルギー)
・6月15~16日/ル・マン24時間(フランス)