ここから本文です

幸福の使い白スズメ 喜界島の民家に来訪

9/16(土) 11:19配信

南海日日新聞

 鹿児島県喜界島の先内(さきない)集落にある積山忠久さん(65)の自宅の庭に8月24、25の両日、全身が白っぽい羽と毛の「白スズメ」が現れた。真紀子夫人(61)が24日の夕方に見つけ、忠久さんに知らせた。翌朝、待ち構えていたところに再び現れた。白いスズメは古くから縁起の良い鳥と言われている。積山さんと喜界島に「福」を持ってきたのかもしれない。

 真紀子さんは「初めはインコだと思った」という。忠久さんは「日課の畑の水まきをしながら期待していたところ、午前6時半ごろに現れた。しばらくフスー(島みかん)の木に止まっていた。鳴き声でスズメだと分かり、急いでカメラのシャッターを切った」と驚きを語った。

 夫妻の自宅には、野鳥がよく飛んでくる。リュウキュウアカショウビンの姿を見掛けることもある。「初孫が帰った直後だったので、寂しい思いが吹き飛んだ。じいじと、ばあばを見に孫が変身して来たのでは。またの来訪を楽しみにしている」と笑顔を見せた。

 奄美野鳥の会によると、白いスズメはアルビノ(先天性色素欠乏症)の個体とみられる。古来から縁起の良い鳥とされ、日本書紀にも記述がある。同会の高美喜男さんは「各地でまれに報告されているが、非常に珍しいと思う。これまで白いカラスは見たことがあるが、白いスズメは初めて」と話した。

奄美の南海日日新聞

最終更新:9/16(土) 11:19
南海日日新聞