ここから本文です

補聴器Oticon OpnのミニRITEスタイル、空気電池と充電池に対応

2017/9/16(土) 11:50配信

Stereo Sound ONLINE

利用中のOticon Opnを充電対応にアップグレード

 補聴器メーカーのオーティコンから、360°周囲の音を自然に聴ける「Oticon Opn」のミニRITEスタイルで使用できる充電器、「オーティコン オープン ハイブリッド式充電器」が発表された。発売日は11月中旬以降。価格は片耳セットが4万円(税別)、両耳セットは5万5000円(税別)。本製品の概要は下記の通り。

【画像】補聴器+充電器

「オーティコン オープン ハイブリッド式充電器」の概要
●対応機種
Oticon Opnシリーズ(Opn1,2,3)ミニRITEスタイル
●片耳セット:4万円(税別)
充電器×1、充電池×1、ハイブリッド充電式電池蓋×1
●両耳セット:5万5000円(税別)
充電器×2、充電池×2、ハイブリッド充電式電池蓋×2
●保証期間
2年間(充電池は保証対象外)

 Oticon OpnのミニRITEスタイルはこれまで、空気電池(312電池)のみの対応だった。今回発売となる製品を追加購入することで、充電式にアップグレードできる。

 また、万が一充電が切れた場合でも、従来同様に空気電池の利用が可能。つまり、充電池と空気電池のハイブリッド式ということになる。

 なお、アップグレードはオーティコン取扱店舗にて、セットに同梱されるハイブリッド充電式電池蓋に付替る必要がある。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:2017/9/19(火) 12:01
Stereo Sound ONLINE