ここから本文です

ミルマン敗れるもキリオス勝利で豪1勝1敗に、デ杯WG準決勝<男子テニス>

9/16(土) 7:52配信

tennis365.net

デビスカップ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ準決勝 ベルギー対オーストラリア(ベルギー/ブリュッセル、室内レッドクレー)は15日、シングルス2試合が行われ、世界ランク20位のN・キリオス(オーストラリア)は勝利したが、同185位のJ・ミルマン(オーストラリア)は敗れ、オーストラリアは1勝1敗とした。

【Mr.デビスカップ勝利でリード】

この日の第1試合、ミルマンはベルギーのエースである世界ランク12位のD・ゴファン(ベルギー)と対戦。第1セットをタイブレークの末に先取する好スタートを見せたミルマンだったが、第2セット以降ではゴファンにポイント先行を許してしまい、7-6 (7-4), 4-6, 3-6, 5-7の逆転で敗れた。

負ければ2敗と崖っぷちに立たされる第2試合、キリオスは「ミスターデビスカップ」と称されている世界ランク77位のS・ダルシス(ベルギー)と激突。フルセットにもつれるも、34本のサービスエースを放ったキリオスが6-3, 3-6, 6-7 (5-7), 6-1, 6-2で勝利し、1勝1敗に持ち込んだ。

大会2日目の16日は、J・ピアース(オーストラリア)/ J・トンプソン(オーストラリア)組がR・ベーメルマンス(ベルギー)/ A ・デ=グリーフ(ベルギー)組と対戦する。

オーストラリアとベルギーの組み合わせは下記の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:J・ミルマン 7-6 (7-4), 4-6, 3-6, 5-7 D・ゴファン
・シングルス第2試合:N・キリオス 6-3, 3-6, 6-7 (5-7), 6-1, 6-2 S・ダルシス

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:J・ピアース/ J・トンプソン vs R・ベーメルマンス/ A ・デ=グリーフ

【大会3日目】
・シングルス第1試合:N・キリオス vs D・ゴファン
・シングルス第2試合:J・ミルマン vs S・ダルシス

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行なう。2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利となる。

tennis365.net

最終更新:9/16(土) 7:52
tennis365.net