ここから本文です

【動画】台風18号あす上陸へ 西日本を中心に大荒れに(16日7時更新)

9/16(土) 7:50配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 台風18号は強い勢力を保ったまま、あすの午前中には九州に上陸する見通しです。そのごは、次第にスピードを上げながら、日本列島を縦断するでしょう。また、台風の北には、秋雨前線があり、台風接近前から広い範囲で大雨に警戒が必要です。

 宮崎県や鹿児島県では、台風から南東の風が吹き込み、朝から非常に激しい雨が降っています。この活発な雨雲は、時間と共に東に進み、四国や近畿南部、東海や関東でもザッと雨の強まる所があるでしょう。九州では、日中は雨の止み間もありますが、日付が変わる頃には、台風本体の雨雲がかかってきそうです。
 このため、九州では、長い時間大雨や暴風に警戒が必要になりそうです。その他の西日本でも、きょう日中から雨が強まり、こんや以降は次第に風も強まってくるでしょう。
 東海地方では、三重県を中心に、きょうから大雨に注意・警戒をして下さい。北陸、関東、北日本の雨や風のピークはあす以降となりそうです。早めの台風への備えをお願いします。


【予想雨量】(あす朝まで、多いところ)
  東海地方       350ミリ
  近畿地方       300ミリ
  九州南部、四国地方  250ミリ
  奄美地方、伊豆諸島、九州北部、中国地方  100~150ミリ
  
 その後、18日にかけて、更に雨量は増える見込みです。

【予想最大瞬間風速】(きょう)
  奄美地方、九州南部 45メートル
           (あす)
  九州南部 60メートル
  奄美地方、九州北部地方、四国地方、中国地方 55メートル
  近畿地方 50メートル
  北陸地方 35メートル

【波の高さ】(きょう)
  奄美地方          10メートル
  九州南部、九州北部地方    6メートルです。

 日中の気温は、太平洋側で、きのうより大幅に低い所が多く、大阪は22℃、名古屋は21℃で、空気がヒンヤリしそうです。晴れ間の出る北日本は過ごしやすいでしょう。(気象予報士・桐谷景子)

最終更新:9/16(土) 7:59
ウェザーマップ