ここから本文です

児童ら8人ハチに刺される 花嫁街道でハイキング中 /南房総

9/16(土) 9:54配信

千葉日報オンライン

 15日午前10時35分ごろ、千葉県南房総市和田浦町仁我浦の花嫁街道ハイキングコース内にある烏場山第三展望台付近で「ハイキング中に集団でハチに刺された」と男性教諭から119番通報があった。館山市立西岬小学校の児童5人と教職員3人がハチに刺され軽傷、児童2人が足をねんざした。

 同市教育委員会によると、同校の4、5年生24人と教職員4人が14~15日に宿泊学習で南房総市内に来ていた。15日は宿泊先の「くすの木」を出発し、午前9時10分ごろから、黒滝から金比羅山へハイキングしていた。

 転びそうになった児童が木の枝をつかみ、そこにハチの巣があったという。ねんざした児童はハチから逃げようとした際に足をくじいたとみられる。

 宿泊学習の前に同校の教職員が2度下見に行った際には、ハチがいるといった危険は見られなかった。同ハイキングコースの保全活動をしている和田浦歩こう会の庄司忠夫代表は「ハチに刺されるのは20年ほど前にあったぐらいで最近は聞いていない。新しい巣を作る分封の時期なので、気が立っていたのではないか」と話した。