ここから本文です

「ワインを頼む側になりたい」高卒でホテルマン、リクルートへ…女性連続起業家の人生にMC・SHELLYも「映画化して」

9/16(土) 8:01配信

AbemaTIMES

 女性の社会進出が進む今でも、日本における女性社長の割合はわずか7.69%(帝国データバンクより/2017年4月末データ)。海外と比べると極端に少ないのが現状だ。そんな中、イチから企業して年商1億円以上稼ぐ女性たちが日本にもいる。

 SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、「起業して1億!ミリオンダラーレイディ」をテーマに、1億円以上もの年商を稼ぎ出す女性たちが赤裸々に語った。

専業主婦から起業…カウンセリング事業をスタート

 株式会社ボーテクリリエイトの代表取締役で心理カウンセラーの向井ゆきさんは、女性が美しく豊かになる社会を目指したメンタルコーチングをはじめとした会社を3つ経営している。

 もともと専業主婦から起業した向井さん。最近では恋愛やダイエットの相談が多いと言い、「これまで一般の女の子がいくようなカウンセリングが日本にはなかなかなかったので、そこに私がフィットしたのかな」と事業が軌道に乗った理由について推測した。

 MCのSHELLYもこれに同意し、「アメリカだとカウンセリングは普通。働く女性だとストレスをためがちだから週1くらいでカウンセリングに行ってデトックスして、自分の頭の中を整理して仕事するっていうのが多い」としたうえで「日本だと(カウンセリングではなくて)占い師のところに行く人が多い」と分析。

バックパッカーを経験に起業

 一方で、脱毛サロン6店舗と化粧品の企画・販売会社を経営している五位尾麻美さんは2014年にブラジリアンワックスを使った脱毛サロン「Ibiza-Wax」を開業。ブラジリアンワックスとは、ワックスを使って根元から脱毛する方法。主にデリケートゾーンに対して行う脱毛だ。

 もともとバックパッカーで世界中を旅していたという五位尾さん。海外の美容に触れる機会が多く、「海外ではコンビニに行くような感覚でブラジリアンワックスがあって、本当に気軽にウォークインでいける。それがいいなと思って、そのまま日本でブラジリアンワックスの起業をしようと思いました」と話す。

1/2ページ

最終更新:9/16(土) 8:01
AbemaTIMES