ここから本文です

深夜の保育園。親の迎えを待つ子どもたちは、何をしているのか

9/16(土) 11:02配信

BuzzFeed Japan

親が夜に働くため、保育園に泊まる子どもたちがいる。映画「夜間もやってる保育園」が映し出したのは、子どもたちの生活そのものだった。なぜ、夜間保育園を撮ろうと思ったのか。BuzzFeed Newsは大宮浩一監督に話を聞いた。【BuzzFeed Japan / 小林明子】

あなたの便利のために、誰かが働いています

「ここがなかったら働けなかった」

東京都新宿区大久保。「眠らない街」にあるエイビイシイ保育園は、24時間体制で、0歳児から就学前まで90人の子どもを預かる認可の夜間保育園だ。35人の保育士と2人の看護師が4交代制で勤務している。

ここに子どもを預けている一人の母親は、繁忙期になると朝方まで仕事が続くという。保育士は「ゆっくり寝てから迎えにくればいいよ」と働きづめの母親の体調を気遣ってくれるという。

「ここがなかったら働けなかった」

5歳の息子を預けている母親は、厚生労働省の職員。出産前は毎晩、タクシー帰りの働き方だった。今も、いざという時に預かってもらえることが安心につながっている。

長時間労働や多様な勤務形態があるのに、そんな働き方に合う預け先が少ないという現実。それを浮き彫りにするのが、ドキュメンタリー映画「夜間もやってる保育園」(9月30日よりポレポレ東中野にてロードショーほか全国順次公開)だ。

「お泊まり組」の子どもたち

一般的な保育園では、午前7時台から午後6時台の11時間が基本の保育時間とされている。

夜間保育園の基本時間は、午前11時から午後10時までの11時間。延長保育を利用して、24時間開園しているところもある。

夜間保育が国の制度として認められたのは1981年。エイビイシイ保育園のような認可の夜間保育園は、全国に約80園ある。

夜のエイビイシイ保育園。保護者の迎えが午後10時以降になる「お泊まり組」の子どもたちが残っている。夕食が終わると、保育士は子どもたちをシャワーに入れ、ドライヤーで髪を乾かし、パジャマに着替えさせ、絵本を読み聞かせる。

保育士の一人はこう話す。

「夜、ひとりで過ごしている子どもがいるかもしれない。そんな子のために、夜間の保育園があるのはいいと思う」

一番遅いお迎えは、翌朝の7時だった。

1/3ページ

最終更新:9/16(土) 11:24
BuzzFeed Japan