ここから本文です

テア・シュテーゲンが秘密を明かす

9/16(土) 12:30配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 9月16日のヘタフェ戦でバルサにおける公式戦100試合出場を達成するマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン。アスルグラナの守護神としてプレーしてきた99試合についての質問を投げかけたムンドデポルティーボに対して、ドイツ人ゴールキーパーは以下のように答えてくれた。

好スタートを切ったバルベルデ・バルサの8つのポイント

-バルサでのベストゲームは?

「昨季のサンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリード戦。自分だけでなく、チーム全体のハードワークによって勝利を手にすることができた。それがベストゲームに選んだ理由さ」

-自身のベストセーブは?

「2つ、3つはお気に入りがあるけど、何よりチームの勝利につながったことが重要だ。マドリード戦でトニ・クロースやクリスティアーノ・ロナウドのシュートを止めたセーブのようにね。この2つは素晴らしいセーブとして記憶しているよ」

-これまで対戦した中で最も危険なFWは?

「2、3の名前が思い浮かんだ。レバンドフスキ、ベンゼマ…あとアドゥリス。彼には大いに苦しめられた。最も危険な相手は彼らだったね」

-これまで決められたベストゴールは?

「マルコ・アセンシオのゴール。少し前に決められた一発だね」

-最も怒りが湧いた失点は?

「失点をすればいつも怒りが湧くけど、他と比べて特別腹が立ったというものはないね。いつだって失点しないことがベストだから」

-最も困難だったライバルは?

「2015年のスーペルコパ・デ・エスパーニャ第1戦のアスレティック・ビルバオ」

-最も困難なプレーを強いられたスタジアムは?

「サン・マメス」

-仲良くなったライバルの選手は?

「ライバルチームに特別な友人はいないなあ…。でも好きな選手はグラナダのギジェルモ・オチョア。彼のことは知らなかったんだけど、とてもいい選手だよ。その後コンフェデレーションズ・カップで再会できて嬉しかった。彼のこともグラナダの雰囲気も好きなんだ」

-何かルーティーンにしていることは?

「試合前にいつもしていることはないけど、他人に自分のグローブを使われるのは好きじゃない。時々チームメートが試したがるんだけど、嫌なんだよね」

-バルサのユニフォームを着て経験した最高の時は?

「ベルリンのチャンピオンズリーグ決勝。でもパリ・サンジェルマン戦の逆転劇など、特別な瞬間は他にもあった。あの時は人々が熱狂し、スタジアムがスペクタクルな雰囲気に包まれていた」

執筆者:Angel Perez

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合