ここから本文です

今夜23:15キックオフ!ヘタフェ対バルサの一戦...柴崎は先発出場を果たすか!?バルサはローテーションを組むだろう

9/16(土) 18:24配信

SPORT.es

日本時間今夜23:15、FCバルセロナは昇格組のヘタフェと戦うことになる。しかし、ユベントス戦のような重要な試合のあとにモチベーションが下がってしまうことがあり、決して簡単な試合ではない。

そして、勝点3だけでなく、出遅れているレアル・マドリードに勝点差7をつけるチャンスでもある。また、ヘタフェに3ゴール差以上で勝利した場合、第4節までで史上最高の開幕スタートとなる。これまで開幕4試合で監督ルイス・エンリケ率いたチームが勝点12・得失点差+11という記録を残している一方で、監督エルネスト・バルベルデ率いるチームは現在3試合終わって勝点9・得失点差+9という状況である。

ヘタフェvsバルサ戦にはこれまでに多くの記憶に残る場面がある。コパ・デル・レイでのメッシの伝説のゴールがその1つである。そして、バルサは敵地コリセウムを訪れた直近9回のうち7回勝利を収めており、345分間相手にゴールを許していない。

16日、メッシが再びチームをけん引する旗振り役となり、チームを輝かせてくれるだろう。開幕3試合で7ゴールを決めているメッシはヘタフェのGKグアイタ相手にさらにゴールを奪いに襲いかかる。そして、そのメッシはルイス・スアレスとデンベレとトリデンテを組むことになり、MSDはコンビネーションを深めるためにも共により多くの時間をプレーする必要がある。

なお、監督バルベルデは試合前のプレスカンファレンスでローテーションについて語っており、ローテーションが組まれることは確かだろう。しかし、監督ルイス・エンリケ時代の時のように多くのローテーションが組まれるとは考え難いが、マスチェラーノ、セルジ・ロベルト、パウリーニョは多くの出場時間を与えられる見込みである。それを受けて、ユムティティ(もしくはピケ)、イニエスタ、ラキティッチ、セメド、ジョルディ・アルバなどに休息が与えられる可能性がある。

対するヘタフェは開幕3試合で勝点4を獲得しており、悪くはない結果となっている。そして、その豪快さでバルサに一泡吹かせたいと目論んでおり、「我々はポゼッションを試み、勇敢に戦う」とホルヘ・モリーナは語っている。

ヘタフェの監督ホセ・ボルダラスはスターティングメンバーについてアルヴァロ・ヒメネスを初めから起用するか、勝利を収めた前節レガネス戦の先発11人をそのまま起用するか思案している。

柴崎岳に関して、先発出場が続いており疲労を考慮して今回はベンチスタートの可能性がある。

バルサの先発予想メンバーは以下の通り。
■GK
テア・シュテーゲン

■DF
アルバ
マスチェラーノ
ピケ
セメド

■MF
ブスケツ
ロベルト
パウリーニョ

■FW
スアレス
メッシ
デンべレ

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:9/16(土) 18:24
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報