ここから本文です

サファロバ、バボスらが準決勝進出 [ケベックシティ/女子テニス]

9/16(土) 14:00配信

THE TENNIS DAILY

「国立銀行カップ」(WTAインターナショナル/カナダ・ケベックシティ/9月11~17日/賞金25万ドル/室内カーペットコート)のシングルス準々決勝が行われ、第1シードのルーシー・サファロバ(チェコ)、第3シードのティメア・バボス(ハンガリー)、第4シードのタチアナ・マリア(ドイツ)、第7シードのアリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)の4人が準決勝に進んだ。

【写真】ルーシー・サファロバのバックハンド

 サファロバがルーシー・ラデッカ(チェコ)を6-4 7-5で、バボスがフランソワーズ・アバンダ(カナダ)を6-3 6-2で、マリアがサーシャ・ヴィッカリー(アメリカ)を6-1 6-3で、バン ウィトバンクは19歳のキャロライン・ドラハイド(アメリカ)を6-2 6-2で破っての勝ち上がり。

 準決勝では、サファロバがバボスと、マリアはバン ウィトバンクと対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:NEW YORK, NY - AUGUST 31: Lucie Safarova of Czech Republic returns a shot against Nao Hibino of Japan in their second round Women's Singles match on Day Four of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 31, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Abbie Parr/Getty Images)

最終更新:9/16(土) 14:00
THE TENNIS DAILY