ここから本文です

FCバルセロナB:顔面骨折のチョコ・ロサノ、アラルコン戦出場に意欲

2017/9/16(土) 16:10配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 アントニー・ロサノは、14日のトレーニングにフェイスガードを装着して参加。17日のADアラルコン戦出場の可能性を残している。
 
 ホンジュラス代表に合流していたため、チームから離れてた“チョコ“ことアントニー・ロサノは、9日に行われたセグンダディビシオン第4節コルドバ戦でチームに復帰した。ミニエスタディで行われたこの試合で1ゴールを決めたチョコだが、同時に顔面を負傷するというアクシデントにも見舞われていた。

FCバルセロナB:ジェラール・ロペス監督が2019年まで契約更新

 試合後に受けた検査の結果、頬骨弓、そして上顎洞骨折が判明したロサノ。しかし、バルサが発表したところによると、試合復帰の目途は立っており、このアタッカーは17日に行われるADアラルコン戦出場を諦めてはいないようだ。現に“チョコ“は、フェイスガードを付けて14日のトレーニングに参加している。試合に向けたリストに名を連ねることも不可能ではなさそうだ。

 日曜日にエスタディオ・サント・ドミンゴで行われるアラルコン戦。現在、ジェラール・ロペス率いるバルサBにおいて、ロサノは非常に重要な選手になっている。ここまで行われたリーグ戦4試合のうち、ワールドカップ予選を戦う代表チーム合流中に行われた2試合を除き、残りの2試合ともに出場。プレーしたレアル・バリャドリード戦、コルドバ戦では、それぞれゴールを決める活躍をみせている。

執筆者::Ferran Martinez

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合