ここから本文です

ロヒンギャ難民、バングラの地元ボランティアらによる救援活動

9/16(土) 12:01配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【9月16日 AFP】バングラデシュのコックスバザール(Cox's Bazar)県では、同地に避難しているロヒンギャ(Rohingya)難民のために地元ボランティアらが救援物資を配っているが、物資がうまく行き渡っていない恐れが出ている。

 ミャンマーから逃れてきたロヒンギャの数は3週間で約39万1000人。地元のボランティアらは人々の流入に圧倒され、救援活動は難航し、間に合わせの支援が続いている。映像は、Ukhiyaの難民キャンプなど。15日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9/25(月) 11:12
AFPBB News

Yahoo!ニュースからのお知らせ