ここから本文です

今年で37回目 全校児童による小学生の「全校稲刈り」 280キロ収穫/千葉県松戸市

9/16(土) 10:13配信

チバテレ

 収穫の秋です。松戸市の小学校では8日全校児童が一丸となり、自分たちで一生懸命育てた「お米」の稲を収穫しました。「全校稲刈り」を行ったのは、松戸市立矢切小学校の全校児童約370人です。

 8日は地元の農家の人たちの協力のもと、5月に自分たちで田植えをして立派に育った稲の刈取りをしました。矢切小学校では、1981年度から稲作活動が行われていて、ことしで37回目を迎える伝統的な行事となっています。子どもたちは「楽しい!」と笑みを浮かべながら、慣れた手つきで鎌を使いこなし、合わせて約280キロもの米を収穫しました。

 ことしの米は適度に降った雨の影響でとても出来がよく、去年よりも50キロほど多い収穫になったということです。なお、8日に収穫した米はお神輿を担ぐなどの収穫祭を行ったのち、おにぎりやカレーライスにして全校児童で食べるということです。

参加した児童「去年はそんなにお米ができていなかったけど、ことしはたくさんできたので達成感があってよかった」

チバテレ(千葉テレビ放送)

最終更新:9/16(土) 10:13
チバテレ