ここから本文です

歓喜の瞬間は誰に託される? 意外と少ない過去20年の「胴上げ投手」

9/16(土) 9:09配信

Full-Count

昨年は大谷が完封で胴上げ投手に、過去20年で優勝チームは「40」あるが…

 昨年の大谷翔平投手(北海道日本ハム)による125球完封劇は記憶に新しい。緊張、不安、恐怖、安堵…。あらゆる感情を歓喜に変え、リーグ優勝が決まった瞬間に爆発させるナインの様子は感慨深いものがある。

【ハイライト動画】大谷の完封勝利で2016年リーグ優勝を決めた日本ハム

 毎年のように見られるシーンではあるが、過去20年でその瞬間を直接手繰り寄せた投手はパ・リーグとセ・リーグを合わせて21人のみ。サヨナラ勝ちやマジック対象チームの敗戦によるペナントレース覇者が決定することがあるため、40のリーグ優勝チームに対して、およそその半数しか「胴上げ投手」が誕生していない。

「胴上げ投手」の捉え方はさまざまだが、ここでは「リーグ首位のチームが自ら優勝を確定させた試合で勝利した瞬間に投げていた投手」に絞り、喜びの輪の中心にいた投手たちを紹介したい。

※パ・リーグの2004年、2005年はリーグ優勝を決めるプレーオフ最終戦の試合が対象

【パ・リーグ】
○1997年 森慎二氏(西武)
10月3日・福岡ダイエー戦(西武球場)
1回 9球 無失点 2-1

○1998年 橋本武広氏(西武)
10月7日 大阪近鉄戦(西武ドーム)
1回 8球 無失点 5-2

○1999年 ペドラザ氏(福岡ダイエー)
9月25日 日本ハム戦(福岡ドーム)
2/3回 10球 無失点 5-4

○2000年 ペドラザ氏(福岡ダイエー)
10月7日 オリックス戦(福岡ドーム)
1回 7球 無失点 1-0

○2004年 石井貴氏(西武)
10月11日※ ダイエー戦(福岡ドーム)
1回 11球 無失点 4-3

○2005年 小林雅英氏(千葉ロッテ)
10月17日※ 福岡ソフトバンク戦(ヤフードーム)
1回 13球 無失点 3-2

○2007年 MICHEAL氏(北海道日本ハム)
9月29日 千葉ロッテ戦(千葉マリン)
1回 22球 無失点 9-1

○2011年 馬原孝浩氏(福岡ソフトバンク)
10月1日 埼玉西武戦(西武ドーム)
1回 12球 無失点 3-0

○2013年 田中将大投手(東北楽天)
9月26日 埼玉西武戦(西武ドーム)
1回 19球 無失点 4-3

○2015年 サファテ投手(福岡ソフトバンク)
9月17日 埼玉西武戦(ヤフオクドーム)
1回 26球 無失点 5-3

○2016年 大谷翔平選手(北海道日本ハム)
9月28日 埼玉西武戦(西武プリンスドーム)
9回 125球 無失点 1-0

1/2ページ

最終更新:9/16(土) 9:09
Full-Count