ここから本文です

サファロバ ストレート勝ちで4強、その他シード勢も準決勝進出<女子テニス>

9/16(土) 14:49配信

tennis365.net

クープ・バンク・ナショナル

女子テニスのクープ・バンク・ナショナル(カナダ/ケベックシティ、カーペット、WTAインターナショナル)は15日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのL・サファロバ(チェコ共和国)がL・フラデカ(チェコ共和国)を6-4, 7-5のストレートで下し、2年連続のベスト4進出を果たした。

【西岡、残留王手に「凄かった」】

この日、5本のサービスエースを放ったサファロバは、3度のブレークに成功して1時間22分で勝利を手にした。

準決勝では、第3シードのT・バボス(ハンガリー)と対戦する。バボスは、準々決勝で世界ランク122位のF・アバンダ(カナダ)をストレートで破っての勝ち上がり。

30歳のサファロバは今季、ハンガリアン・女子オープン(ハンガリー/ブダペスト、ハード、WTAインターナショナル)で準優勝を飾り、その他ツアー3大会でベスト4に進出。

全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では、3年ぶりの4回戦進出を果たした。

また、同日には第4シードのT・マリア(ドイツ)、第7シードのA・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)も順当に準決勝へ駒を進めた。

tennis365.net

最終更新:9/16(土) 14:49
tennis365.net