ここから本文です

バイリンガルの子は1歳8カ月でふたつの言語体系を認識している

9/16(土) 23:10配信

ギズモード・ジャパン

赤ちゃんって天才。

日本に生まれると、他の言語の習得が簡単でない分、バイリンガルは憧れです。私は仕事柄、翻訳したり英語の記事読んだりは毎日何時間もやってるし、かれこれ30年以上英語を学んでるはずですが、全然ペラペラになれないのが悲しいです。

【画像】バイリンガルの子は1歳8カ月でふたつの言語体系を認識している

だから、子どもの頃から多言語環境にいる人は自然に複数の言語を身に着けられてうらやましい限りなんですが、まだ母語も身に着いてないときに違う言語が入ってくると「混ざるからよくない」なんて意見も聞きます。実際どうなんでしょうか?

新たな研究によると、赤ちゃんは自分自身がまだほとんど話せないような小さな頃から、自分のメインの言語とそうでない言語をちゃんと認識しているみたいです。プリンストン大学ベビー研究所共同ディレクターで准教授のCasey Lew-Williams氏らが、英語・フランス語両方を公用語とするカナダで、ある実験で明らかにしました。その内容をまとめた論文は、最新の米国科学アカデミー紀要に掲載されています。

実験では生後1歳8カ月の英語・フランス語バイリンガルの赤ちゃんに対し、英語の中にフランス語を混ぜた文章、またはその逆のものを聞かせて、反応を観察しました。たとえば「Look! Find the chien!」(訳:「見て!chienを探して!」、「chien」はフランス語で「犬」)とか、「That one looks fun! Le chien!」(あれは楽しそうだね! chienだよ!)といった文章を聞かせます。

研究チームは、それらの言葉に反応した赤ちゃんが犬の写真を見るかどうかとか、写真を注視した時間の長さ、瞳孔の大きさといった目の動きを観察しました。脳にストレスがかかると瞳孔が大きくなるので、認知活動を関節的に示す指標として使えるそうです。実験では赤ちゃんと比較するため、バイリンガルの大人に対しても同じことをしました。

その結果、赤ちゃんも大人も、ふたつの言語が混ざった会話に同じように反応したそうです。つまり、「Find the chien!」の「chien」は「dog」だと理解しつつも、「chien」が出てきたところで瞳孔が大きくなる、つまり脳ががんばっていることが示されたんです。

ただ、この脳へのストレスは、メインの言語とサブの言語どっちが混ざってくるかとか、ひとつの文の中に混ざってるのか、別の文として混ざってくるのかによっても違っていたようです。つまり英語が母語の赤ちゃんや大人では、「Find the chien!」みたいに英語にフランス語が入ってくるときはちょっとストレスがあるんですが、逆にフランス語に英語が混ざった「Trouve le dog!」みたいな文、または文が分かれている「That one looks fun! Le chien!」みたいな文章なら、ストレスがあまりないか、ゼロになっていました。

この結果について、研究に参加していないブリティッシュコロンビア大学の心理学の教授、Janet Werker氏は、プリンストン大学のプレスリリースの中で「バイリンガル環境での適切な教育について示唆を与えるかもしれない」と言っています。いわく、「この結果がもっとも明確に示していることのひとつは、バイリンガルに育っている子どもがふたつの言語で混乱するかもしれないという心配は無用だということです。」

また、この研究を進めたLew-Williams氏自身は、今回の結果はバイリンガルの人の認知能力の高さを説明するものになるかもしれないと言っています。Lew-Williams氏によれば、その説明として従来重視されていたのは、バイリンガルの人が日頃スピーキングのときにふたつの言語から選択しているから、ということでした。でも今回の結果を見ると、スピーキングより小さい頃から可能になるリスニングの段階で、ふたつの言語の間を切り替えできているんです。同氏はこのリスニングにおける脳の切り替えが、認知能力を高めるのだろうと考えています。

私も今アメリカに住んでまして、2歳の子どもが現地の保育園に通っているんですが、たしかにもう保育園では英語、家では日本語と使い分けしている感じです。といっても家で「ノォォ」とか言ったり、混ざってるところはあるんですけど、本人の中では違う言語ってちゃんとわかってるってことなんでしょうね。まだ「バイキンマン」もちゃんと言えないのに、頭の中では着々とふたつの言語体系が構築されてるって、やっぱり“子どもの脳”、ほしいです。

Image: Shutterstock
Source: 米国科学アカデミー紀要 via Princeton University、ハフィントンポスト

(福田ミホ)