ここから本文です

アップルウォッチでサイン盗み、Rソックス罰金

9/16(土) 11:52配信

読売新聞

 【ニューヨーク=宮崎薫】米大リーグ機構(MLB)は15日、8月のヤンキースとの試合中に腕時計型端末「アップルウォッチ」を使用し、捕手のサインを盗んでいた疑惑で調査していたレッドソックスに対し、罰金の処分を科したと発表した。

 額は公表されていない。MLBは、この罰金を米フロリダ州に上陸した大型ハリケーン「イルマ」災害支援のための寄付にする。

 MLBによると、サイン盗み自体ではなく、電子機器を使ったことが違反にあたり、今後同様の違反が発覚した場合はより重い処分を科すとした。

 ヤンキースもテレビ局の映像を使ってサイン盗みを行っていたとするレッドソックス側の主張は、十分な証拠がないとして退けたが、過去にベンチ内の電話を不正使用したとしてヤンキースにも罰金が科された。

最終更新:9/16(土) 18:29
読売新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 11:45