ここから本文です

似た進路の台風、過去に大きな被害も

9/16(土) 23:58配信

読売新聞

 18号と似た進路をたどった過去の台風では、大きな被害が出たケースもある。

 総務省消防庁などによると、1998年10月に鹿児島県枕崎市付近に上陸した台風10号では、静岡県で落石が民家を直撃するなどして死者・行方不明者13人、負傷者71人、家屋全壊34戸の被害が出た。

 2004年8月に鹿児島県串木野市(現・いちき串木野市)付近に上陸した台風16号では、近畿や四国で高潮が発生。死者・行方不明者17人、負傷者267人の被害となった。

 気象庁は「今回の18号も勢力が強い。避難勧告に注意を払い、『自分の身を自分で守る』という意識で行動してほしい」としている。

最終更新:9/17(日) 3:30
読売新聞