ここから本文です

マクラーレン・ホンダが4、5番手【タイム結果】F1第14戦シンガポールGP フリー走行3回目

9/16(土) 20:25配信

オートスポーツweb

 2017年F1第14戦シンガポールGPのフリー走行3回目が9月16日(土)に行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。 

 現地時間18時から行われたFP3は、気温30度、路面温度38度のドライコンディションで行われた。

 コースオープンを迎えると、まず各車チェック走行を行う。セバスチャン・ベッテルとフェルスタッペンはソフトタイヤを履き1周のみの走行でピットイン。タイヤの皮むきを行ったようだ。

 セッション開始から10分が経過すると、バルテリ・ボッタスがウルトラソフトタイヤでタイム計測を開始。1分45秒222をマーク。そのタイムをベッテルが1分43秒237で塗り替えトップに立つ。

 17分経過時点でキミ・ライコネンが1分44秒176をマークし、フェラーリが1-2体制を築いた。

 セッション開始23分すぎ、ほぼ全車がウルトラソフトタイヤで走行するなか、フェルスタッペンが1分42秒249をマークしトップを奪った。リカルドも再度アタック、1分42秒517で2番手に付け、今度はレッドブルが1-2体制となった。

 セッション後半に差し掛かるとすぐにマーカス・エリクソンがターン19で壁に接触。リヤセクションを壊してしまう。コース上には破片が落下し、赤旗が提示された。

 残り時間19分を残してセッション再開。すぐに各車ウルトラソフトタイヤでアタックを開始。ベッテルがトップタイムを塗り替え1分41秒919をマーク。

 しかしセッション終盤にフェルスタッペンが1分41秒829とタイムを更新。これがFP3のベストタイムとなったが、前日のFP2で記録したリカルドの1分40秒852と比較するとおよそ1秒ほど遅いタイムだ。

 2番手はベッテル。3番手ハミルトン。マクラーレン・ホンダ勢はフェルナンド・アロンソが4番手、ストフェル・バンドーンが5番手に付け、好調さを維持している。

シンガポールGP シンガポール:マリーナ・ベイ市街地コース
Pos./No./Driver/Team/Time/Laps
1/33/M.フェルスタッペン/レッドブル/1'41.829/12
2/5/S.ベッテル/フェラーリ/1'41.901/13
3/44/L.ハミルトン/メルセデス/1'41.971/16
4/14/F.アロンソ/マクラーレン/1'42.383/11
5/2/S.バンドーン/マクラーレン/1'42.439/13
6/3/D.リカルド/レッドブル/1'42.517/11
7/27/N.ヒュルケンベルグ/ルノー/1'42.549/10
8/77/V.ボッタス/メルセデス/1'42.592/16
9/7/K.ライコネン/フェラーリ/1'42.708/16
10/11/S.ペレス/Fインディア/1'43.010/14
11/31/E.オコン/Fインディア/1'43.109/15
12/55/C.サインツJr./トロロッソ/1'43.356/17
13/30/J.パーマー/ルノー/1'43.368/11
14/26/D.クビアト/トロロッソ/1'43.574/17
15/19/F.マッサ/ウイリアムズ/1'43.724/17
16/20/K.マグヌッセン/ハース/1'44.041/16
17/18/L.ストロール/ウイリアムズ/1'44.223/18
18/8/R.グロージャン/ハース/1'44.295/16
19/94/P.ウェーレイン/ザウバー/1'45.760/15
20/9/M.エリクソン/ザウバー/1'46.339/7


[オートスポーツweb ]