ここから本文です

トルコの高校と交流 串本古座高校

9/16(土) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県串本町の串本古座高校(愛須貴志校長)は15日、同町串本の串本校舎でトルコのイスタンブール高校と姉妹校提携を結んだ。イスタンブール高校のヒキメット・コナル校長(38)と生徒ら計15人が訪れ、串本古座高の生徒と交流した。

 イスタンブール高はトルコで学力がトップクラスの高校で、世界中の多くの学校と提携している。串本古座高との姉妹提携は、生徒が歴史の授業で日ト友好のきっかけとなった串本町樫野沖でのトルコ軍艦エルトゥールル号の遭難などについて調べ、串本町にある高校ということで希望した。

 串本校舎の生徒会長、高田紅恋君(2年生)が歓迎の言葉を述べ、イスタンブール高校を代表してイーイット・ジャン・カヤ君(19)が日本語であいさつした。さらにスライドを使って互いの学校紹介をした後、両校長が調印を交わした。

 イスタンブール高校の一行は校内施設の見学や華道部、茶道部、弓道部でのクラブ体験もした。案内をした串本校舎の生徒会役員や包括的支援部(CGS部)トルコ班の生徒、各部員らと英語などで交流した。

最終更新:9/16(土) 17:00
紀伊民報

Yahoo!ニュース特設ページ