ここから本文です

首位鹿島、後半に怒濤の4ゴールで逆転勝利! 新潟は2点のリードを守りきれず

9/16(土) 19:59配信

SOCCER KING

 2017明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、アルビレックス新潟と鹿島アントラーズが対戦した。

 最下位の新潟と首位の鹿島、という構図だったが、先制したのはホームの新潟だった。5分、カウンターから一本のパスで左サイドを抜け出した小川佳純がタメを作って味方の上がりを待つと、中央に走り込んだドウグラス・タンキにラストパス。シュートは相手GKに触られたがそのままゴールに吸い込まれた。

 鹿島の猛攻を絶え凌いだ新潟は45分、左サイドからエリアに突進した磯村亮太が絶妙なクロスを入れるとホニがきっちり合わせて2点目をゲット。前半を2点リードで折り返した。

 後半開始早々、鹿島が1点を返す。49分、コーナーキックからニアサイドで西大伍がそらすと、レアンドロが反応。ヘディングシュートがゴールに吸い込まれた。さらに67分、エリア内でボールを受けたレアンドロが左足を振り抜き、この日2ゴール目をマーク。試合を振り出しに戻した。

 さらに鹿島は三竿健斗の縦パスを受けたレアンドロがトラップでDFをかわし、ペナルティエリアで前を向くと、冷静に左足でボールを流し込んでハットトリックを達成。ついに試合をひっくり返した。さらに89分には金崎夢生がPKを沈めて勝負あり。4-2で首位鹿島が勝ち点「3」を上積みした。

 次節、アルビレックス新潟は23日にアウェイでコンサドーレ札幌と、鹿島アントラーズはホームでガンバ大阪と対戦する。

【スコア】
アルビレックス新潟 2-4 鹿島アントラーズ

【得点者】
1-0 5分 ドウグラス・タンキ(アルビレックス新潟)
2-0 45分 ホニ(アルビレックス新潟)
2-1 49分 レアンドロ(鹿島アントラーズ)
2-2 67分 レアンドロ(鹿島アントラーズ)
2-3 81分 レアンドロ(鹿島アントラーズ)
2-4 89分 金崎夢生(鹿島アントラーズ)

SOCCER KING

最終更新:9/16(土) 20:23
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報