ここから本文です

広島、4戦負けなしでついに降格圏脱出!!フェリペ・シウバV弾でC大阪を撃破

9/16(土) 22:19配信

ゲキサカ

[9.16 J1第26節 広島1-0C大阪 Eスタ]

 J1リーグは16日、第26節を行い、サンフレッチェ広島はホームでセレッソ大阪と対戦し、1-0で勝利した。前節終了時点で16位に順位を上げた広島は勝ち点を23に伸ばし、甲府をかわして15位に浮上。第3節(14位)以来、23試合ぶりに降格圏を脱出した。

 前半最大の決定機は39分、C大阪はFW柿谷曜一朗の横パスを受けたDF丸橋祐介が左サイドから鋭いクロスを供給。GK中林洋次が弾いたボールに反応したFW杉本健勇がトラップから右足で狙ったが、カバーに入った広島DF高橋壮也のブロックに阻まれ、絶好の先制機を逸した。

 スコアレスで折り返した後半は広島が徐々に流れを引き寄せ、後半14分、相手のパスミスを拾ったMF青山敏弘が絶妙なスルーパスを出し、MFアンデルソン・ロペスがPA右からクロス。ニアサイドのMF柏好文がスルーし、走り込んだFWパトリックが右足を振り抜いたが、枠をとらえられなかった。

 広島は後半23分にMFフェリペ・シウバを投入すると、この交代策が的中する。その2分後の後半25分、フェリペ・シウバの縦パス1本で完全に抜け出したパトリックがタメをつくって左に横パス。走り込んだフェリペ・シウバがペナルティアーク内から左足を振り抜き、ゴール右下隅に流し込んだ。

 後半32分にもパトリックとのパス交換から中に切れ込んだフェリペ・シウバが左足シュートを放ったが、惜しくもクロスバーを直撃。試合はそのままタイムアップを迎え、虎の子の1点を守り抜いた広島が1-0で勝利。4試合負けなし(2勝2分)で勝ち点を23に伸ばし、15位に浮上した。

最終更新:9/16(土) 22:38
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合