ここから本文です

【F1 シンガポールGP】ベッテルが逆転でポールポジションを獲得

9/17(日) 12:08配信

レスポンス

2017年のF1第14戦シンガポールGPの公式予選が16日、マリーナベイ・ストリートサーキットで行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がポールポジションを獲得した。

[関連写真]

予選Q1からフェラーリとレッドブルの2チームが好調。中でもマックス・フェルスタッペンが頭一つ抜ける速さをみせ、Q1、Q2ともにトップタイムを記録。Q3も1分39秒814をマークし、自身初のポールポジションかと思われた。ところが、直後にアタックしていたベッテルが0.145秒逆転。さらに2回目のアタックでは1分39秒491までタイムを伸ばし、今季3回目、ポールポジションを獲得。2位にはフェルスタッペン、3位にはダニエル・リチャルド(レッドブル)が入った。

なお、前回のイタリアGPでランキング首位に躍り出たルイス・ハミルトン(メルセデス)は5番手、僚友のバルテリ・ボッタスは6番手となった。

なお、予選前日にパートナーシップの終了が発表されたマクラーレン・ホンダだが、今週末は絶好調。フェルナンド・アロンソがQ1で3番手タイムを記録するなど、上位に食い込む走りを見せ、ストフェル・バンドーンともに2台揃ってQ3へ進出。最終的にアロンソが8番手、バンドーンが9番手となった。

2017F1シンガポールGP公式予選結果
1.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分39秒491
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1分39秒814
3.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分39秒840
4.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分40秒069
5.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分40秒126
6.バルテリ・ボッタス(メルセデス)1分40秒810
7.ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)1分41秒013
8.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分41秒179
9.ストフェル・バンドーン(マクラーレン)1分41秒398
10.カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)1分42秒056

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:9/17(日) 12:08
レスポンス