ここから本文です

<BOX速報>統一王者ゴロフキンがドロー判定でアルバレスの挑戦を退ける

2017/9/17(日) 13:01配信

THE PAGE

 最終ラウンド。アルバレスが最後の力をふりしぼり、インファイトを仕掛けてパンチを集中した。右がヒット。だが、ゴロフキンも耐える。もう逆転KOするだけのパンチは残っていなかった。35歳のゴロフキンは、手を出し続けて前進、そして、前進。観客が総立ちの中で、激しい打ち合いが続き、試合終了のゴング。両者は、共に右手を突き上げて、自らが勝者であることをアピールした。判定は、一人が118-110でアルバレス、一人が115ー113でゴロフキン、一人が114-114の三者三様のドローで注目の世紀の一戦は痛み分けとなった。ドローは王者の防衛のため、ゴロフキンが3つのベルトを守った。

 試合後、リング上のインタビューで、ゴロフキンは晴れ晴れとした表情。

それでも「カネロは、経験がある本物のメキシカンのファイターだったが、ドラマティックなショーができなかった。きょうは、もうひとつだった」とディフェンスに回ったアルバレスを批判した。

 一方、アルバレスも自らの戦いの満足していない様子だったが、「トリプルGは、試合前の噂ほど、すごいボクサーとは思わなかった」と反撃した。

 不完全決着となったことで、早くも再戦を望む声が出ているが、ゴロフキンは、「もちろん戦いたい。今度は本物のファイトを見せたい」と再戦を受けて立つ構え。一方のアルバレスも、「ファンが再戦を望むなら、もちろんやるよ。次はもちろん勝つ」と、リマッチを熱望した。

 この試合の契約には、条件つきで、リマッチ条項があるとされている。
 

2/2ページ

最終更新:2018/10/4(木) 10:18
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事