ここから本文です

ファン・ニステルローイ「ルカクは純粋な9番」古巣ユナイテッドの新エースを絶賛

9/17(日) 13:40配信

GOAL

今シーズン、エヴァートンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したベルギー代表FWロメル・ルカクは、第4節消化時点で4ゴールを記録し、移籍間もない状況ながらいきなりエースとしての大役をこなしている。

ファンからも“本物の背番号9がやってきた”としての評価を確固たるものとしつつあるが、同クラブでかつてエースを務めたルート・ファン・ニステルローイもルカクの才能を高く評価しているようだ。

ファン・ニステルローイは「ルカクにはストライカーとしてのプレッシャーがあったと思うけど、いい形でスタートを切ったね。特に、移籍して間もないころは、結果を出すことが大変なんだ」と発言。

「もし、ゴールから遠ざかったら“今度入ってきたアイツ、全然ダメじゃん”と言われてしまうんだ。その状態が続くと、プレッシャーで物事がうまくいかなくなったりするからね」

「ルカクは僕と同様、純粋な“ナンバー9”だと思う。裏を常に狙い、ボックスの中で勝負するタイプだね。それにオフシーズンから結果を残しているし、ユナイテッドでしっかり存在感を発揮しつつある」

最後にファン・ニステルローイは「今シーズンはプレミアとチャンピオンズリーグのどちらも頂点を狙えるチームになったと思う。(ジョゼ)モウリーニョならできるんじゃないかな」と語り、古巣のタイトル奪還に期待を寄せている。

かつて、マンチェスター・Uに加わった直後、ファン・ニステルローイは01-02シーズンのリーグ戦で32試合23ゴールの成績を残している。現在、それを上回るペースでゴールを量産しているルカクを高く評価しているようだ。

GOAL

最終更新:9/17(日) 13:41
GOAL

スポーツナビ サッカー情報