ここから本文です

船橋・北習志野駅地下にシェアスペース 高齢者やママら「ゆったりできる場に」 /千葉

9/17(日) 12:01配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 北習志野駅地下の連絡通路につながるビルの地下1階に10月中旬、シェアスペース「トキノマ」(船橋市西習志野3、TEL 047-401-3847)がオープンする。(船橋経済新聞)

店内の様子(関連画像)

 運営は、塚田駅近くの不動産・建築業の「京葉エステート」。もともと借りていたビルの一室をより地域住民や駅の利用者に有効に活用してもらうことを目的に、新たな事業に踏み切った。

 「最近ではおしゃれなカフェも増えてきたが、昔の喫茶店のようなゆったりとした時間の中で過ごせる場所が少なくなってきたように思えたのがきっかけ」と話すは、同社社長の高橋弘明さん。

 病院や施設の待合室、スーパーのベンチなどで会話している高齢者や主婦などの姿を街で掛け、もっと快適な空間を提供したいと思うようになったとも。

 店名の「トキノマ」は、ゆったりとした時間と空間の提供をコンセプトに命名。約50坪の店内はコンクリートと木材ブースの異なる素材の組み合わせがカジュアルな雰囲気。個室ブースは全て違う広さで22席を用意。

 「じっくりと集中したい時にはあえて狭いスペースで、のんびりと読書をしたい時には広々としたスペースで、その時の気分によって使いたいブースを選んでいただける」と話すのは、店内設計・デザインを担当した高橋京平さん。中央の約10坪のスペースには6人掛けの大テーブルが1卓と、2人掛けの小テーブルが2卓。隣のスペースにはラグを敷きクッションを配置、靴を脱いでゆったりとくつろげる空間も用意する。

 「自分だけのリラックスできる空間」の演出にこだわり、椅子は座り心地を吟味した4種のデザイナーズチェアを設置。「個別ブースも木材が格子状になっているので隣のブースが見えそうだが、木目の位置を若干ずらすことで『見えそうだけど見えない』空間を作った」と京平さん。

 「大テーブルでは町内会の会議はもちろんのこと、ママたちの交流のスペースとしても活用してもらいたい。将棋や囲碁などのボードゲームなども持込み可能なので、ゆっくりと友達との時間を過ごしてもらえれば」とも。

 店内設備はフリーWi-Fi、フリードリンク、軽食、コンセント、複合機あり。ブース利用は2時間400円~、大テーブルは1時間200円~。15歳未満の入室・利用不可。9月21日から30日まではプレオープン。10月中旬ごろにグランドオープン予定。

みんなの経済新聞ネットワーク