ここから本文です

「ミサイル危機の最中に選挙って大丈夫だろか」 解散総選挙報道にアジカン後藤が疑問

9/17(日) 16:10配信

J-CASTニュース

 安倍晋三首相、衆院解散を決断か。2017年9月17日、新聞・テレビが一斉に伝えたニュースに、各界からの反応が相次いでいる。

【画像】枝野氏「解散は歓迎」とツイート

 「受けて立つ」と応じた野党、解散の「大義」への疑問――早ければ9月末とも見込まれる解散に向かい、議論が加速し始めた。

■朝日、産経、日経が朝刊1面に

  「首相、年内解散を検討」(朝日新聞)
  「首相 衆院解散を決断」(産経新聞)
  「早期解散強まる」(日本経済新聞)

 朝刊の一面で、各紙がそろって報じたのは三連休さなかの17日だ。NHKも17日未明、ウェブ版で「臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し」と報じた。

 一時は「危険水域」といわれる30%ラインにまで落ち込んだ内閣支持率だが、直近の調査では40%台に回復している。一方、野党・民進党は前原誠司新代表の就任後も、山尾志桜里衆院議員の「不倫スキャンダル」や「離党ドミノ」に揺れ、「小池新党」もまだ先行き不透明だ。打って出るなら今――安倍首相がそう判断した、との見方で、各紙は一致している。

 早ければ臨時国会召集日の9月28日に解散、10月内に総選挙が行われる見込みだ。

枝野氏「野党にとって解散は歓迎」

 こうした動きに、野党側もすぐに反応した。民進・枝野幸男氏は17日朝のツイッターで、「衆議院解散のようです。しっかりと受けて立ちたいと思います」とした上で、

  「森友・加計問題から逃げ回り、国会が開かれると逃げられないから解散。あからさまな疑惑隠し解散です。北朝鮮問題を抱える中、党利党略で選挙による政治空白が生じることにもなります。この選挙はこの時期の解散の適否がひとつの争点です」

と、「解散の是非」そのものを争点に戦うとの意思を示した。苦戦が予想されるが、

  「選挙がないと議席が増えないから、野党にとって解散は歓迎です。厳しい状況ですが、予想を覆し大善戦した英国労働党の例もあります。問われているのは、臨時国会召集という憲法上の義務に違反し、ようやく召集したら質疑もせず解散する判断です。疑惑追及がイヤで逃げた、隠したと言われて当然です」

と、強気の姿勢も見せる。

 日本共産党の志位和夫委員長も17日午前、

  「一体、何のための解散か。冒頭解散となれば、北朝鮮問題を利用し、国政私物化疑惑に蓋をして、『今やれば多数を取れる』という党略的打算のためだけの解散となる。堂々と迎え撃ち、必勝を期し奮闘したい」

とツイートする。

 一方、小池百合子都知事の側近と目される若狭勝衆院議員は、17日朝の「新報道2001」(フジテレビ系)で、以前からこの時期の総選挙は予想していたとして、

  「準備はそのこと(総選挙)を想定して、着々と進めてきていると言えます」

と断言、16日にスタートしたばかりの、自ら率いる「輝照塾」の塾生の擁立も含め動いていることを明かした。

1/2ページ

最終更新:9/17(日) 16:10
J-CASTニュース