ここから本文です

【トロロッソ・ホンダ】マクラーレン製ハイブリッド部品供給は続くのか?

9/17(日) 16:50配信

TopNews

ホンダF1のパワーユニットには、マクラーレンF1チームの姉妹会社である『マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ』が多くのハイブリッド部品供給をしている。マクラーレン・ホンダが提携解消となると、このパーツ供給がどうなるのか気になるところだ。

●【トロロッソ・ホンダ】ギアボックスはどうなる?

マクラーレン・ホンダ提携解消直後の記者会見では、このパーツ供給についても質問が飛んだ。

Q:(ホンダの)山本さん、F1チームの姉妹会社である『マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ』が、多くのハイブリッド部品を供給していたと思います。マクラーレン・ホンダは袂を分かつことになりましたが、この関係は今後も続くのでしょうか?

ホンダ山本雅史モータースポーツ部長:
「当分の間、その会社と一緒に仕事を続けるつもりです。一方で、私たちはすでに多くの部品を自社で生産しているので、将来的にはホンダが生産することになるでしょう」。

実際、どのパーツがマクラーレン製だったのかは明かされていないが、故障やスピード不足の問題がすべてホンダ製パーツが原因だったのかは、関係者が一番よく分かっているのだろう。しかし、ホンダはパートナーを公で責めることはしなかった。

もし、すべてのパーツがホンダ製になった時、真の『ホンダ・パワーユニット』の信頼性とパフォーマンスは世界を驚かせることになるのだろうか。新たに組んだチームは小規模のトロロッソとはいえ、トロロッソ・ホンダのパフォーマンスに期待したい。

最終更新:9/18(月) 14:22
TopNews