ここから本文です

【米男子ツアー】松山イーグル発進も49位に後退

9/17(日) 12:02配信

東スポWeb

【イリノイ州レイクフォレスト16日(日本時間17日)発】米男子ツアープレーオフ第3戦「BMW選手権」(コンウェイファームGC=パー71)3日目、47位から出た松山英樹(25=LEXUS)は1イーグル、4バーディー、5ボギーの70で回り、通算3アンダーとしたものの49位に順位を下げた。68で回り通算19アンダーとしたマーク・リーシュマン(33=オーストラリア)が初日からの首位を守った。

 松山は360ヤードの1番パー4でワンオンに成功。4メートルのイーグルパットも決めて最高のスタートを切った。

 ところが5番パー4でラフを渡り歩いてボギー。352ヤードの7番パー4はティーショットがグリーン手前のバンカーにつかまり、ここから乗せられずにボギー。1番のイーグルを帳消しにしてしまう。

 8番パー5で3打目を1メートルにつけて取り返し、12番からの3連続バーディーはいずれも1メートル前後につけるショットのキレを見せる一方で18番はティーショットを右に曲げてボギー。「全体的なつながりがない」と首をかしげる。

 天気の崩れも予想される最終日は「ビッグスコアを出せばトップ10も狙えると思う」と、また上位への望みは捨てていない。

最終更新:9/17(日) 12:02
東スポWeb