ここから本文です

インテル、開幕から4連勝 フロレンツィ復帰のローマも快勝/セリエA

9/17(日) 14:44配信

ISM

 イタリア・セリエAは現地時間16日に第4節の3試合が行なわれ、長友佑都が所属するインテルは敵地でクロトーネに2対0で勝利。開幕から無傷の4連勝とし、暫定首位につけている。長友は64分からピッチに立った。

 この日はチャンスをなかなか生み出せず、後半には2度のピンチをGKハンダノヴィッチの好セーブでしのぐというシーンもあったインテル。それでも82分にFKの流れから最後はシュクリニアルが押し込んでようやく先制すると、92分にペリシッチが加点し、終わってみれば2対0での完勝となった。
 インテルのスパレッティ監督は、厳しい試合だったとコメント。「ハンダノヴィッチの好守に救われたシーンが2度あったが、ああいうピンチを作ってはいけない。われわれはまだ最高のチームというわけではないが、個性ある戦い方をした。そこが重要だ」と述べていた。

 ローマはヴェローナに3対0で快勝を飾った。ホームのローマは22分にナインゴランのゴールで先制すると、33分にはひざのケガから約1年ぶりに公式戦のピッチに立ったフロレンツィがピンポイントのクロスを送り、これをジェコが頭で決めて2対0。さらに61分にはコラロフのクロスをジェコが足で押し込み、3発完勝となった。

 そのほか、フィオレンティーナはボローニャを2対1で下している。(STATS-AP)

最終更新:9/17(日) 14:47
ISM