ここから本文です

川崎F、屈辱払しょく3発!ACLの敗退から中2日でも快勝

9/17(日) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇明治安田生命J1リーグ・第26節 川崎F3―0清水(2017年9月16日 アイスタ)

 川崎Fが3発快勝でACLの悪夢を払しょくした。浦和との準々決勝で大逆転負けを喫し、中2日で迎えた敵地・清水戦。主将の小林は「体はキツかったけど、みんなしっかり戦って、走って奪った勝利」と振り返ったように、開始から気持ちのこもったプレーで相手を圧倒した。

 中でも光ったのがDF車屋だ。1―0の前半25分に小林のリーグ4戦連発を左足クロスでアシストした。13日の浦和戦では、足を高く上げたプレーが危険と見なされ一発退場。シャワー室で一緒になった小林に「すみませんでした」と話すなど責任を背負い込み、翌14日は志願のハードメニューを消化した。海外では不可欠な激しさを伴うプレーで微妙な判定だっただけに、「どこまで(危険な)ラインなのか難しいところがあって今日も頭をよぎった」と振り返ったが、「激しさは失ってはいけない」とこの日も積極的な姿勢を貫いた。

 ACLの悔しさを乗り越えハード日程もはね返す快勝。悲願のタイトル獲得へ川崎Fが再び勢いを取り戻した。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合