ここから本文です

台風18号が上陸、西日本縦断へ 九州や四国で猛烈な雨

9/17(日) 12:02配信

朝日新聞デジタル

 大型の台風18号は17日午前11時半ごろ、鹿児島県南九州市付近に上陸した。気象庁によると、午後2時現在、時速30キロで北東に進んでいる。今後は次第に速度を上げ、暴風域を伴いながら夜にかけて西日本を縦断する見通し。福岡県や大分県などの一部が暴風域に入っており、九州などでは記録的な大雨となっている。

【写真】台風による強風で倒壊したビニールハウス=17日午後1時42分、宮崎市小松、金子淳撮影

 気象庁によると、中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。四国や北陸を通って18日昼ごろに北日本に達する見通しで、19日朝にはオホーツク海で温帯低気圧に変わるとみられる。

 台風や活発な前線の影響で、西日本や東日本の太平洋側を中心に広い範囲で大雨となっている。台風の北上に伴って前線も押し上げられるため、雨の範囲は東へ広がる見込みだ。

 宮崎県や大分県、高知県では17日、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測。宮崎市内では48時間の雨量が560ミリを超えた地域もある。レーダーによる解析では、大分県津久見市付近や同県佐伯市付近で1時間あたり110~120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、同庁は「記録的短時間大雨情報」を発表した。

 また、雨が降り続いているため、宮崎県北部や大分県南部では土砂災害の危険度が極めて高くなっているという。

 18日正午までの24時間の予想雨量は多いところで、四国で350ミリ、近畿で300ミリ、九州北部と中国で250ミリ、東海、東北、北海道で200ミリ、九州南部と関東甲信、北陸で150ミリ。(山本孝興)

朝日新聞社