ここから本文です

【K-1】王者・武尊に挑むジュングァン「アグレッシブに打ち合う」

9/17(日) 18:10配信

イーファイト

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』に参戦する、ワン・ジュングァン(中国)、スタウロス・エグザコスティディス(ギリシャ)、セルジオ・サンチェス(スペイン)の公開練習が、16日(土)都内にて行われた。
 
 K-1 WORLD GPフェザー級王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)のタイトルに挑戦するジュングァンは、スピード感溢れるミット打ちを披露。「あと少し体重を落としますが、ベストコンディションです」と、準備万端だと話し、「7月の試合で日本人選手の空手のテクニックなどを学びました。そういった部分を吸収して、それを生かせるように中国ではトレーニングを積んで来ました」とさらに武器を増やしてきたと語る。

【フォト】武尊戦について語るジュングァン

 王者・武尊の印象は「世界を代表するフェザー級のチャンピオンですし、とても強い事は元々知っています。7月に記者会見で対面して、王者の放つプレッシャーを感じました」と話したが、「ですが私もこの2カ月間、彼を倒すために厳しいトレーニングを積んできました。武尊選手のパンチは強くて回転が速いので、特にガードテクニックを磨いてきました」とディフェンス練習を重点的にしてきたという。
 
 しかし「ファンの方には、自分がアグレッシブに打ち合う試合を見て欲しいです」と打ち合いを宣言した。

最終更新:9/17(日) 18:10
イーファイト