ここから本文です

磐田MF中村俊輔、迫力欠けるチームメイトに疑問「オーラが少なくなっている」

9/17(日) 21:09配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第26節が9月17日に行われ、エコパスタジアムではジュビロ磐田と浦和レッズが対戦した。試合は1-1で引き分け。試合後、磐田のMF中村俊輔が、自身のFKが絡んだ先制シーンを振り返った。

【動画】柴崎岳がバルセロナ戦で鮮烈ゴール!スーパーボレーが炸裂

磐田の先制は21分だった。右サイドでFKを得ると、中村が左足でクロスを入れる。これに合わせたDF高橋祥平のヘディングはGKに阻まれるも、こぼれ球をMFムサエフが押し込んだ。「うちもあんまり大きくないですけど、浦和もあまり大きい選手がいるという感じではなかったので、真ん中に落としました。2枚重なると、たまにああいうふうになるので。祥平がよく触ったと思いますし、その後ムサエフも止まらないでよくやったと思います」と、狙い通りとなったプレースキックを振り返る。

しかし、79分に浦和に追いつかれて結果はドロー。「取った後の最初のパスとか、次に受けた人の精度があまり良くなかった。自分も含めて、高い位置でのサポートが少ない分、誰かが無理しないといけない状況が多かった。やっぱり連動性が少ない」と冷静に分析する中村。「もう少しダイナミックさとか、1人ひとりのパワーというか、それが減ってるかなという気がします。『俺がやるんだ』っていうオーラがちょっと少なくなってきている感じがしますね」と、チームメイトの迫力のなさを気にしていた。

GOAL

最終更新:9/17(日) 21:09
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合