ここから本文です

【全日】諏訪魔が「王道T」圧勝発進

9/17(日) 16:45配信

東スポWeb

 全日本プロレス「王道トーナメント」は16日、埼玉・北本大会で1回戦4試合が行われ、暴走男・諏訪魔(40)が2連覇に向けて好発進した。

 昨年、諏訪魔率いる暴走ユニット「エボリューション」に所属した野村直矢(23)と対戦。序盤は相手の成長ぶりを確かめるように受けに回った。それでも2発目のフロッグスプラッシュを阻止してから、一気にエンジン全開。ラリアートと岩石弾で追い込み、最後は圧巻のラストライドで快勝した。
「今の俺には優勝が最低条件。勝つことがいい薬だし、必ず失ったものを取り返す。優勝して3冠ベルトを巻いて、やっとスタートラインに立つ。まずはこのまま一戦一戦に集中する」

 これで2回戦(19日、名古屋)では岩本煌史(27)と対戦することが決定。トーナメント中に離反したジョー・ドーリング(35)を制裁し、共闘を呼び掛ける前3冠王者・石川修司(41)を振り向かせるためにも負けられない戦いが続く。このほか、鈴木鼓太郎(39)との遺恨対決を制した青木篤志(39)と、佐藤光留(37)を下したドーリングが19日の2回戦で激突する。

最終更新:9/17(日) 16:45
東スポWeb