ここから本文です

<ロンドン地下鉄テロ>2人目を逮捕 少年宅で爆弾製造か

9/17(日) 21:54配信

毎日新聞

 【ロンドン矢野純一】ロンドンの地下鉄で起きた爆弾事件で、ロンドン警視庁は17日、ロンドン西部ハウンズローで、事件に関与していた疑いがあるとして男(21)をテロ容疑で逮捕したと発表。16日に逮捕した少年(18)が住んでいたとみられるロンドン西郊サンベリー・オン・テムズの自宅などを家宅捜索している。

 英政府は17日午後、事件を受けて、5段階の最高レベルの「危機的」に引き上げていたテロ警戒レベルを1段階引き下げた。

 家宅捜索は16日午後から続いており、英メディアは、爆弾の製造現場だった可能性があると報じている。同庁は、押収物のほか、この日逮捕された男と少年の関係は明らかにしていない。

 英メディアによると、少年は自宅で里親と暮らしていたとみられる。里親は中東からの難民の子供らを受け入れていたとされ、少年も難民の可能性がある。

 里親は、これまで250人以上の身寄りのない子供などを受け入れており、2009年には、活動が評価され大英帝国勲章(MBE)を受章している。

 過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出しているが、ラッド英内相は17日、英BBCのインタビューに「現時点で、ISとの背後関係を示す証拠はない」と話した。

最終更新:9/17(日) 23:33
毎日新聞