ここから本文です

松ちゃんが持論 パワハラは「強いものいじめ」 「教育的指導がでけへん」

9/17(日) 10:49配信

スポニチアネックス

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が17日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演し、女優の鈴木砂羽(44)が主演、初演出する舞台で2人の女優が開幕直前で降板し、鈴木が土下座を強要したなどと騒動になっている問題についてコメント。クローズアップされている「パワハラ」について「強い者いじめ」との見解を示した。

【写真】パワハラ騒動の渦中にある鈴木砂羽

 舞台「結婚の条件」開幕2日前に女優の鳳恵弥(えみ、36)、牧野美千子(52)が降板。その理由を2女優と所属事務所側は土下座の強要、罵声があったなどとして“鈴木のパワハラ”があると主張。鈴木は涙ながらに完全否定するなど両者の意見が食い違っていた。

 松本は「今回の騒動については分かりませんが」と前置きした上で、「パワハラ」の概念について持論を展開。「本当のパワハラだったら、“パワハラを受けています”と言い返せないもの。お気軽なクーデター的な感じで言う人が増えてきている」とし、この風潮を「強いものいじめですよ」と表現した。

 「若手のころに弱いものいじめされて、見返してやろうって頑張ってそれなりの地位に来たのに、今度は強いものいじめを受ける。頑張り甲斐のない世の中になってきたし、教育的指導がでけへん」と主張。舌打ち一つでパワハラだと指摘されるといい「ため息ついたら“怖え~”って言われる」と嘆いた。