ここから本文です

東京湾に生息する生物を“ぜんぶ獲る” 激レアの生物続々登場

9/17(日) 14:25配信

オリコン

 「池の水ぜんぶ抜く」などで話題を呼ぶテレビ東京系“日曜ビッグバラエティ”枠から新企画『東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた~深海500mカメラ仕掛けたら~』が17日(後7:54~9:54)に放送される。MCを務めるのは、ゴールデン帯の番組初司会のお笑いコンビ・メイプル超合金(カズレーザー・安藤なつ)。スタジオゲストは田中要次・稲村亜美。

【写真】キモかわ!グソクムシ

 東京オリンピックに向けて世界遺産を目指す「東京湾」は、世界に誇る大都市圏の豊かな漁場。その「東京湾」には一体何種類の生物がいるのか? 番組は、東京湾に生息する生物を片っ端から獲りまくってみよう、という新企画。

 東京湾のスゴ腕漁師たちを招集し、めったにお目にかかれない珍しい魚&高級魚を狙う。9つの漁港で漁師に依頼し、巻き網、底引き、定置網、刺し網などさまざまな漁法で捕獲されたのは、イシダイ、キンメダイ、スズキ、ツバクロエイ、クロサギ、フエフキダイ…など。小島よしおがリポーターとして乗る船では、東京湾でこれまで確認されたことがなかった魚を発見。その名も「ヒメコトヒキ」。本来は、南日本の内湾や汽水湖で揚がる魚で、今回、東京湾で初めて確認されたという。

 東京海洋大学の奥山文弥客員教授が結成したスペシャルチームとともに「人喰いザメ」と恐れられているシュモクザメの姿をカメラでとらえることにも成功。緑に光るカラスザメ、南太平洋に分布するヘラツノザメ、2009年以来、東京湾では2例目となる深海サメ「ヨロイザメ」も捕獲した。漁船に同行していた専門家も見たことがなく、種類の特定がその場でできなかったほど珍しいサメだ。立ち会った専門家が思わず「博物館に持ち帰り剥(はく)製にしたい」といったほど珍しい「アブオコゼ」など、激レアの生物が続々登場する。

 さらに、最新の深海カメラを使い、水深500メートルの大調査も敢行。エサに群がるヌルヌルした物質を出す大量のヌタウナギの捕食シーンや、水族館で人気のグソクムシ、伊豆の深海で見られる巨大タカアシガニなど、近年ブームの深海生物ファンにもアピールする内容となっている。

最終更新:9/17(日) 14:25
オリコン