ここから本文です

【GOLF】池田、3つ巴のプレーオフを制して今季2勝目 時松、今平は惜しくも及ばず

9/17(日) 16:38配信

ISM

 国内男子ツアーのANAオープンは17日、北海道の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースを舞台に最終ラウンドの競技を終了。池田勇太が、時松隆光、今平周吾とのプレーオフを制して今季2勝目を手にしている。

 前日ハーフで「29」をマークするなど3位に浮上した池田は、5番から3連続バーディを奪うなど、順調にスコアを伸ばしたが、18番で痛恨のボギー。時松、今平とともに通算13アンダーで並び、勝負の行方はプレーオフへ。

 プレーオフ1ホール目で今平が敗退。一騎打ちとなった2ホール目で、時松が2打目を寄せきれなかった一方、池田は2打目をピン横につけてバーディを奪い、勝負は決着。昨季賞金王の池田はこの優勝でツアー通算18勝目となり、史上最年少で生涯獲得賞金額10億円を突破している。

 2位タイはプレーオフで敗れた時松と今平、通算11アンダー単独4位に小平智。通算10アンダー5位タイに谷原秀人、H.W.リュー(韓)、朴相賢(韓)、手嶋多一、通算9アンダー単独9位にI.H.ホ(韓)となっている。

最終更新:9/17(日) 16:48
ISM