ここから本文です

女優、鈴木砂羽さん舞台で土下座騒動 出演者が降板 演出家としての初作が…

9/17(日) 15:39配信

産経新聞

 女優の鈴木砂羽さん(44)が初めて演出も手がけた主演舞台「結婚の条件」に出演予定の2人の女優が「鈴木さんに土下座を強要された」と開幕直前に降板して騒動になっている。鈴木さんは「土下座をさせたことはない」と否定している。 

 出演を取りやめたのは特撮番組「超電子バイオマン」でデビューした牧野美千子さん(52)と元準ミス・インターナショナルの鳳恵弥(おおとり・えみ)さん(36)の2女優。

 ドラマ「ごくせん」などを手がけた脚本家、江頭美智留さん(54)主宰の「劇団クロックガールズ」が、鈴木さんを主演と演出家で迎えた舞台。鈴木さんにとって演出を担当するのはこれが初めて。

 初日を2日後に控えた11日夜、同劇団がブログで、2女優が「諸事情のため止むを得ず降板」すると公表。直後に2女優の所属事務所がフェイスブックで、降板は「鈴木砂羽氏より二人の受けました人道にもとる数々の行為」が理由と表明。牧野さん、鳳さんも続けてそれぞれのブログで降板に言及し、鳳さんが「土下座をするように砂羽さんからうながされ、頭を下げました」と書いた。

 舞台は代役を立てて予定通り13日に開幕。鈴木さんは終演後、集まった報道陣に「土下座をさせたことはまったくございません」と2女優側の主張を全面否定したが、翌14日には2女優の事務所社長がテレビで「(土下座の強要は)あった」とするなど双方の主張は平行線をたどっている。

 関係者の話を総合すると、9月9日夜に2回の通し稽古を予定していたが、2女優が別の仕事を入れていたため2回目の稽古ができないことが明らかになったことが発端。

 これについて江頭さんが12日にコメントを発表。「私のスケジュール確認のミスにより、二回目の通し稽古ができなくなったことが原因ですので、私が自ら、キャスト、ス夕ッフに謝罪しました」と、事態はプロデューサーである自身の責任との認識を示すと同時に、鳳さんがブログに「江頭美智留先生に頭を下げさせている」と書いたことについて鈴木さんに土下座を強要された事実はないと否定した。

 鈴木さんの関係者は、稽古の後、出演者らは舞台の下で円座に座っていた。その中で江頭さんが謝罪する姿が土下座に見えたのかもしれないと話している。

 舞台は18日、東京・新宿シアターモリエールで千秋楽を迎える。

最終更新:9/17(日) 15:39
産経新聞